9月に似合う服とその理由2

 

ガーゼ素材はなぜ良いのか

 

ベビー服にはガーゼが良いとよく聞きます。最近は、パジャマやタオル・バスタオルにも

使われています。プレゼント品にも、ガーゼ製品がよく使われます。どうしてでしょうか。

 

ガーゼの特質を知るとなるほどとあなたは納得するでしょう。「ベビー服にはガーゼ」という定評メッセージがストーンと心に落ちると思います。

 

では、ガーゼの特質・特徴を挙げてみます。

 

①    肌触りが柔らかい

②    吸水性・保温性がいい

③    軽い

④    快適な眠りに最適

⑤    肌にストレスを与えない

⑥    通気性がいい

 

あなたはどの点にウェイトをおきますか。

 

表面が柔らかい織なので空気を含む結果、ぬくもりのある感触となります。肌寒い季節でもタオルのような吸湿性・吸水性が湿気を逃してくれます。冬物の綿ネルよりも保湿性が高く、衣服内の環境を快適に保ってくれます。

 

ガーゼは、産着や肌着だけでなく、医療用にも使われています。すごいですね~~。

 

ベビー服には、ガーゼ素材を!

ガーゼは、世界中でベビー服に大人気

 

ところで、ガーゼとは、「目の粗い織物」を表すドイツ語だということをご存知でしたか。

 

 

 

 

5月生まれの出産祝い

 

5月生まれという言葉だけで、青葉が目に浮かびます。でも、出産祝いとなると、以外と迷うものです。どんなお祝いのベビー服がいいのだろうと・・・・。あなたは、悩んだ結果、お祝儀にしたという経験がありませんか。

 

5月とベビー服

「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」

寒さも落ち着く5月。花冷えも峠を越したかなという時候は、逆に、気温不安定な季節です。

朝晩は冷え込みもまだ残っていますし、肌寒い日もあります。肌着の枚数や薄さで調節する

という、ほぼ肌着生活が定番のベビー衣生活です。短肌着と長肌着・コンビ肌着の2枚重ね生活が、すぐに暑い日がやってきますか。長肌着1枚・コンビ肌着1枚のパターンになるという変化があります。

5月中旬だと赤ちゃんが汗をかいて、一日のうちに何度か着替えが必要になってくるかもしれません。下旬であれば、薄手の2枚重ねでいいようです。2枚重ねから始まり、徐々にコンビ肌着だけやカバーオールだけの1枚になっていく・・・そんな5月

赤ちゃんは、汗っかき。外出の際には、コンビ肌着1枚。コンビ肌着は、夏の間中大活躍

 

お勧めお祝いベビー服

5月生まれの場合は、お母さんは1ヶ月の自宅休養後、梅雨、そして夏…あまり外に出られる機会が少ないのです。だから、秋頃になってから買うような品を出産祝いにするのが、実用向きでしょう!

 

○ 短肌着・長肌着・カバーオール・ツーウェイオールが最適です。

○ 素材は、タオル地・ガーゼが肌触り・吸湿性に富んでいます。洗濯にもいいのです。

○ ひもで結んで着るタイプの肌着が喜ばれます。

 

コンビタイプの肌着も便利です・・・股下のボタンを留めると足がセパレートになりますので、足の動きが激しくなってきても、めくれあがる心配もないからです。

 

「5月生まれの出産祝い」という言葉を聞いただけでも、至福の気持ち!

赤ちゃんの微笑みを創造しながら、お祝いの品を選びたいものですね!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です