ベビー服の汚れはどう落とす?

 

☆ベビー服が汚れた!

寝ているだけのベビーちゃんの洋服が汚れたー!そんなこと、赤ちゃんを育てた事がある

お母さんならよくある、よくあると頷いてくれると思います。ミルクや母乳の吐き戻しで洋服が

汚れた、おむつからうんちが漏れちゃった、など、今日は何回着替えさせればいいのと、

泣きそうになることもしばしばです。ミルクや母乳の吐き戻しは、吐いたときはさほど目立た

ないものですが、放っておいたり普通に洗濯しただけでは、よく洗えておらず、後日洋服を

着せたときに、あれ?この黄色いシミって何だっけ?ということがあったりします。

ミルクしか飲んでいないはずの赤ちゃんのうんちも、洋服についたら落とすのが大変。

大きくなって、離乳食が始まれば、この汚れは何の汚れ?いつついたの?なんて事も

しょっちゅう、毎日洗濯・洗濯・洗濯で嫌になってしまいますよね。そんな時、ちょっとでも

お母さんの負担が減る、洗濯のコツお教えします!!

 

☆ミルク・母乳の吐き戻しの黄ばみには・・・

母乳にしても粉ミルクにしても、赤ちゃんの飲むミルクには意外と脂質が多く含まれています。

そして、このミルクによる脂質汚れは、普通に洗濯しただけでは残念ながら完全には落とし切

れてないんですって。そのことに私たちは気が付かず、干して乾燥させてしまい、黄ばみ汚れ

を作ってしまっていたのです。ガーン。洗濯機で洗ったからといって、汚れって落ちないもの

なんですねー。でも、それが分かれば、こちらのものです!先手必勝、今後は黄ばむ前に、

ミルク汚れを完全に落としてしまいましょう!

ミルクに含まれる脂質を落とすカギ、それは「洗濯温度」にあったのです!

プロのクリーニング屋さんではワイシャツなどの衣類は、約50℃~60℃の温度で洗っている

そうで、脂質の融点以上(40℃~60℃)の温度で洗わないと脂質汚れは落ちにくいそうです。

そこで、赤ちゃんがミルクを吐いてしまって汚れたお洋服は、着替えさせたあとすぐ、ぬるま湯に

つける事!そのお湯にプラス、食器洗い用の洗剤を2・3滴まぜちゃってください。そこに、洋服をつける!

そうすることによりお湯で脂質が分解され、食器洗い洗剤で汚れが落ちやすくなります!

手をつけてもやけどしない温度になったら、汚れがついた部分をかるく手洗いして下さい。

そして、ささっとすすぎ、洗濯完了です!たったこれだけで、黄ばみが全然なくなります!

ささっと洗っただけでは赤ちゃんに着せるのは気になるという方は、その方法後、再び洗濯機

で洗濯する事をお勧めします。簡単ですが、注意点もありまして、ぬるま湯ですがやけどする恐れ

もあるので、十分気を付けて行ってください。また、温度が上がれば、衣服に負担が大きく、

繊維にダメージを与える可能性がございます。(特に毛、シルク)ですので、繊維や汚れ具合、

染色などによって洗剤や温度を変えつつ、最後は自己責任で行ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です